堆黒忘貝香合(写し) ついこくわすれがいこうごう(うつし)

漆工 / 大正 / 香川県 

森象堂 (1887~1967)
もりぞうどう
香川県高松市
大正11年/1922
木製漆塗
径9.5×高3.0
1
香川県高松市
香川県立ミュージアム

讃岐漆芸の祖玉楮象谷が嘉永4年(1851)に高松藩主松平頼胤に献上した「堆黒松ヶ浦香合」を模して大正11年(1922)森象堂が制作した。香合に書かれた歌により「忘貝香合」とも呼ばれる。箱書きによると象堂が偶然触れたこの作品の精緻巧妙なつくりを追慕し摸刻したという。

作品所在地の地図

関連リンク

堆黒忘貝香合(写し)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

狭貫彫堆黒松ヶ浦香合(忘貝香合)隠し彫「松」「波」「天」(象谷作/嘉永四年三月上納)
讃岐彫堆朱手向山香盒(象谷作/嘉永四年十月/京都北野天満宮奉納)
彩色蒟醤水指棚(象谷作/嘉永六年井伊掃部頭所望)
堆朱篳篥筥(象谷作/嘉永四年六月成/京都興正寺門跡用命)
存清硯箱(葵紋水滴)
存清硯箱(葵紋水滴)

藤川黒斎〈初代)

ページトップへ