讃岐彫堆朱手向山香盒(象谷作/嘉永四年十月/京都北野天満宮奉納) さぬきぼりついしゅたむけやまこうごう(ぞうこくさく/かえいよねんじゅうがつ/きょうときたのてんまんぐうほうのう)

その他の画像全3枚中3枚表示

漆工 / 江戸 / 中国・四国 

玉楮象谷
香川県
江戸時代後期/1851
朱を塗り重ねた堆朱の香合で、青海波の地文に紅葉を一枚彫り表し、『古今和歌集』にある菅原道真の「このたびはぬさもとりあへず たむけ山紅葉の錦 神のまにまに」(巻第9 羈旅…
径7.7cm 高2.6cm
1合
香川県高松市紺屋町10-4
高松市指定
指定年月日:20150331
高松市
有形文化財(美術工芸品)

作品所在地の地図

関連リンク

讃岐彫堆朱手向山香盒(象谷作/嘉永四年十月/京都北野天満宮奉納)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

堆朱篳篥筥(象谷作/嘉永四年六月成/京都興正寺門跡用命)
狭貫彫堆黒松ヶ浦香合(忘貝香合)隠し彫「松」「波」「天」(象谷作/嘉永四年三月上納)
彩色蒟醤水指棚(象谷作/嘉永六年井伊掃部頭所望)
堆黒忘貝香合(写し)
堆朱根付杏葉紋金具付胴乱
堆朱根付杏葉紋金具付胴乱

(根付)玉楮象谷

ページトップへ