桜花蒔絵盃(蒔絵制作見本) オウカマキエハイ (マキエセイサクミホン)

漆工 

口径:7.5cm 高:2.4cm
1組

蒔絵の制作工程を示す標本としての盃。当館の台帳に「一朝」とある。明治二十九年(一八九六)には帝室技芸員に任命された川之邊一朝(一八三〇~一九一〇)の仕事であろうか。明治時代に入ると美術学校が整備され、日本漆工会が設立し、当館も帝国京都博物館として開館した。漆塗りや蒔絵が「芸術」となり塗師や蒔絵師が「作家」となるような社会制度の整備や意識変革の課程で、このような品が登場したものと言えよう。

作品所在地の地図

関連リンク

桜花蒔絵盃(蒔絵制作見本)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

智・感・情〈黒田清輝筆 一八九九年/油絵 麻布〉
銅鷲置物〈鈴木長吉作/〉
金梨地瀧山水蒔絵料紙文庫
源氏香短冊散蒔絵料紙硯箱
序の舞〈上村松園筆/絹本著色〉
ページトップへ