文化遺産オンライン

猿図

さるず

作品概要

猿図

さるず

絵画 / / 中国

伝毛松筆

制作地:中国

南宋時代・13世紀

絹本着色

47.1×36.7

1幅

重要文化財

本図は単なる写実を越え、動物に人格を投影させて表した名品です。日本猿といわれ、金泥を用いた毛描きは極めて繊細で自然です。南宋の宮廷画家毛松(もうしょう)の作とする伝承は、狩野探幽(かのうたんゆう)(1602~74)にはじまるもの。武田信玄(1521~73)より曼殊院(まんしゅいん)覚恕法親王(かくじょほっしんのう)に寄進されました。

猿図をもっと見る

伝毛松筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / / 狩野

関連作品

チェックした関連作品の検索