文化遺産オンライン

褐釉錘

かつゆうおもり

作品概要

褐釉錘

かつゆうおもり

陶磁 / その他アジア

制作地:クメール

アンコール時代・12~13世紀

陶製

高6.4 底径3.5

1個

灰釉(かいゆう)陶器に続き、クメール王国では12世紀頃より褐釉を掛けた器が量産されるようになります。鳥や象などの動物をかたどったり、刻線で装飾を施した合子や瓶、小壺類が中心です。素朴ながら、独特の造形・装飾感覚にあじわいが感じられるでしょう。

褐釉錘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

クメール / 褐釉 / Khmer / Angkor

関連作品

チェックした関連作品の検索