文化遺産オンライン

黒褐釉劃花文瓶

こっかつゆうかっかもんへい

作品概要

黒褐釉劃花文瓶

こっかつゆうかっかもんへい

陶磁 / その他アジア

制作地:クメール, 出土地:プノン・クレーン出土

アンコール時代・11~12世紀

陶製

1口

クメール陶器は、灰釉に続いて、11世紀頃から黒褐釉を掛けた日常雑器がみられるようになります。釉はつやがあって、深みのある発色が特徴です。この瓶のように白釉と黒褐釉を掛け分けた製品は11世紀後半に作られたと考えられています。

黒褐釉劃花文瓶をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

褐釉 / クメール / Khmer / 陶器

関連作品

チェックした関連作品の検索