文化遺産オンライン

褐釉劃花文壺

かつゆうかっかもんつぼ

作品概要

褐釉劃花文壺

かつゆうかっかもんつぼ

陶磁 / その他アジア

制作地:クメール, 出土地:伝タイ出土

アンコール時代・12~13世紀

陶質

高56.7 口径15.6 底径23.5

1口

クメール陶器とは、現在のカンボジアを中心に栄えたクメール王国において焼かれた陶器をいう。はじめに灰釉(かいゆう)陶器が作られ、12世紀頃より褐釉がさかんになった。劃花文があらわされ、褐釉が施された長胴の大壺は、クメール陶器の代表的な器種である。

褐釉劃花文壺をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

クメール / 褐釉 / Khmer / Angkor

関連作品

チェックした関連作品の検索