横浜本牧の景 よこはまほんもく けい

明治 

黒田清輝筆
明治27年(1894)
板・油彩
24.5×33.0
1面

明治27(1894)年6月から夏にかけて、黒田は避暑をかね横浜本牧海岸、鎌倉に滞在した。本牧海岸では、十二天の月明館に投宿し、周辺の海岸風景を写生した。本図もそのひとつで、突き出た岬の岩と森、夏空に浮かぶ白い雲を確信的な力強い筆触で描き出している。

作品所在地の地図

関連リンク

横浜本牧の景チェックした作品をもとに関連する作品を探す

横浜本牧の景
横浜本牧の景

黒田清輝

昼寝
昼寝

黒田清輝

湖畔
湖畔

黒田清輝

母子
母子

黒田清輝筆

隠岐白島
隠岐白島

小林和作

ページトップへ