文化遺産オンライン

大磯

おおいそ

作品概要

大磯

おおいそ

明治

黒田清輝筆

明治30年(1897)

板・油彩

25.0×33.5

1面

今では夏の風物となっている海水浴が日本で広まったのは明治時代とされる。当時としてはモダンな情景をとらえた作品。「労働と休息」のテーマを重視していた黒田は、水辺の憩いを繰り返し描いている。

大磯をもっと見る

黒田清輝筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

黒田 / 清輝 / 作品 /

関連作品

チェックした関連作品の検索