大磯 おおいそ

明治 

黒田清輝筆
明治30年(1897)
板・油彩
25.0×33.5
1面

今では夏の風物となっている海水浴が日本で広まったのは明治時代とされる。当時としてはモダンな情景をとらえた作品。「労働と休息」のテーマを重視していた黒田は、水辺の憩いを繰り返し描いている。

作品所在地の地図

関連リンク

大磯チェックした作品をもとに関連する作品を探す

犬

黒田清輝筆

横浜本牧の景
横浜本牧の景

黒田清輝筆

《花野》下絵
《花野》下絵

黒田清輝筆

舞妓
舞妓

黒田清輝筆

舞妓〈黒田清輝筆/油絵 麻布〉
ページトップへ