文化遺産オンライン

書巻

しょかん

作品概要

書巻

しょかん

/ 江戸

良寛筆

江戸時代・19世紀

紙本墨書

1巻

良寛は、江戸後期の禅僧。修行を終えて帰郷すると、小庵に寓居し、生涯、托鉢して清貧に暮らしました。これらの書簡や詩文の文字が、実際より一まわり大きく、また風通しよく見えるのは、寺に住まなかった良寛の、真に自由な精神の賜物かも知れません。
ルビ=ぐうきょ、たくはつ、せいひん

書巻をもっと見る

良寛筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

良寛 / 托鉢 / Ryōkan / Edo

関連作品

チェックした関連作品の検索