色絵更紗文大皿 いろえさらさもんおおざら

陶磁 / 昭和以降 

富本憲吉作
昭和時代・20世紀
磁器
口径40 高6.5 高台径18.0
1枚

富本憲吉+とみもとけんきち+は「模様より模様を作らず」を信条とし、身近な自然の草花などから模様をつくり出しました。この大皿のような四弁花の連続表現は、富本作品の代表的なモチーフのひとつです。昭和30年(1955)「色絵磁器」の人間国宝に認定されました。

作品所在地の地図

関連リンク

色絵更紗文大皿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

色絵月下弾琴図大皿
色絵月下弾琴図大皿

加藤土師萌作

色絵藤棚文大皿
草白釉釉描加彩月下木乃葉ずく陶筥
色絵山水竹鳥文輪花大皿〈鍋島/〉
五彩蟇仙人文皿(天啓赤絵)
ページトップへ