文化遺産オンライン

色絵花盆文大皿

いろえかぼんもんおおざら

概要

色絵花盆文大皿

いろえかぼんもんおおざら

陶磁

制作地:伊万里(有田)

江戸時代 18世紀前半

磁器

口径42.8 高7.4

1枚

伊万里・金襴手様式の大皿。赤・緑・紫・金の上絵具を用いて、丁寧に様々な文様を描き込む。見込の花盆文は17世紀末から18世紀にかけて、伊万里焼のみならず中国の五彩にもよく描かれた文様である。一方で、冊子や虫籠文など和風の文様を取り入れており、これらの文様は18世紀以降の製品によく見られる。1690-1730年代に、ヨーロッパ市場向けに作られた製品で、類品がヨーロッパの城館等に伝わる。金襴手様式を代表する作品として非常に貴重である。

色絵花盆文大皿をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

伊万里 / 磁器 / 大皿 / 金襴

関連作品

チェックした関連作品の検索