草白釉釉描加彩月下木乃葉ずく陶筥 そうはくゆうゆうびょうかさいげっかこのはずくとうばこ

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 

藤本能道 (1919(大正8)年-1992(平成4)年)
フジモト・ヨシミチ
平成3年/1991年
磁器、色絵
高13.3 32.4×32.4
1合

作者は東京に生まれ、東京美術学校工芸科図案部を卒業し、加藤土師萌や富本憲吉に陶芸を学びました。若き日は前衛陶芸を試みましたが、方向転換して伝統的な色絵磁器の技法を追究。色絵具の混色による中間色の発色、素地の釉薬や描法を研究し、色絵の絵画的な表現を洗練、深化させて新境地を切り開きました。東京藝術大学で後進を指導し、昭和60年同学学長に就任。昭和61年色絵磁器の人間国宝に認定されました。
月光に照らされた夜空と、枝葉のシルエットを背景に、耳をそばだてて目を見張る木乃葉ずくが梢に停まっています。「草白釉」とは絵付けの地となる青味を帯びた透明度の高い白磁釉。「釉描加彩」とはこの白磁釉に色釉で絵を描いて本焼きし、その上から従来の上絵付けを行う技法で、いずれも作者が開発しました。この工夫により、絵付けの奥行が深まり、木乃葉ずくが浮かび上がり、背景には吸い込まれるような空間を感じることができます。

作品所在地の地図

関連リンク

草白釉釉描加彩月下木乃葉ずく陶筥チェックした作品をもとに関連する作品を探す

色絵月下弾琴図大皿
色絵月下弾琴図大皿

加藤土師萌作

色絵更紗文大皿
色絵更紗文大皿

富本憲吉作

五彩蟇仙人文皿(天啓赤絵)
白釉緑褐彩壺
色絵吹重ね珠樹草花文鉢
色絵吹重ね珠樹草花文鉢

十三代今泉今右衛門

ページトップへ