色絵吹重ね珠樹草花文鉢 いろえふきかさねしゅじゅそうかもんはち

陶芸 / 昭和以降 

十三代今泉今右衛門 (1926~2001)
じゅうさんだいいまいずみ いまえもん
平成13/2001
色絵磁器
高13.0 径45.0
1口
文化庁分室(東京都台東区上野公園13-9)
第49回日本伝統工芸展遺作出品
国(文化庁)

 色絵磁器は、釉薬を掛けて本焼した磁器に上絵具で文様を描き、さらに上絵窯(錦窯)で700~800度の低火度で焼き付ける技法である。
 「珠樹」は赤い実をつける空想上の木で、十三代今泉今右衛門の創作模様。この珠樹と丸文が見込み中央からそれぞれ三方放射線状に配され、それらは、更紗風の地文を伴う吹墨と薄墨の「吹重ね」を背景に、染付の青、そして赤と緑の上絵具で描かれている。さらに、それらを縁取るように俗に蛸唐草と呼ばれる唐草文が囲む。
 第48回日本伝統工芸展出品同名作品の姉妹作。

作品所在地の地図

関連リンク

色絵吹重ね珠樹草花文鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

色絵牡丹唐草文大皿
鍋島色絵芥子文皿
色絵翡翠図平鉢
色絵樹下人物文八角大壺 伊万里・柿右衛門様式
伊万里色絵栗文反鉢
ページトップへ