色絵磁器 いろえじき

陶芸 

指定年月日:20141023
重要無形文化財

色絵磁器とは、磁器の表面に赤・黄・緑・紫等の色絵具で文様を表現する技法である。伝統的な色絵具は、着色剤の酸化金属と白玉【しらたま】とよばれるガラス粉の一種を加えて調合される。この技法は、中国の明・清時代に発達し、特に江西省の景徳鎮の技術が優れ、万暦【ばんれき】期の五彩や嘉靖【かせい】期の金襴手【きんらんで】等が有名である。

関連リンク

色絵磁器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

釉裏金彩
色絵月下弾琴図大皿
色絵月下弾琴図大皿

加藤土師萌作

万暦赤絵樹下人物文茶器
万暦赤絵樹下人物文茶器

中国・景徳鎮窯「大明万暦年製」銘

色絵祥瑞桃果宿禽文皿(五彩桃果宿禽文皿)
五彩金襴手碗
五彩金襴手碗

中国・景徳鎮窯

ページトップへ