Iroemesukijikoro〈ninseisaku〉

色絵雌雉香炉〈仁清作/〉

Details

Iroemesukijikoro〈ninseisaku〉

色絵雌雉香炉〈仁清作/〉

工芸品 / 江戸 / 中部

仁清

石川県

江戸

両脚を腹裏に納め、尾を高く斜めに張り、頭を後ろに曲げて羽繕いする雉を象り、背部に半円状の煙出し四孔をあけて薫炉に仕立てている。頸から上と背、腹および尾部を継ぎ合わせて形…

頭高16.4 長37.5 (㎝)

1合

石川県立美術館 石川県金沢市出羽町2-1

重文指定年月日:19650529
国宝指定年月日:
登録年月日:

石川県

国宝・重要文化財(美術品)

江戸時代、京都の名陶工として有名な野々村仁清の作で、これと同様式のものに石川県美術館所蔵の国宝色絵雉【きじ】香炉がある。それが雄をかたどり、色彩もはなやかなのに比して、これはやや地味な色彩で表現されているので雌雉とみとめられ、加賀前田家の家老横山家に伝えられたものという。

Related Works

Search items related to work chosen