文化遺産オンライン

古寺春雲図

コジシュンウンズ

作品概要

古寺春雲図

コジシュンウンズ

絵画

1幅

重要文化財

九州・大分の万寿寺に住む温崗なる老僧に贈るべく制作されたもので、図上には東福寺の竹庵大縁など八禅僧の賛が施されている。本図のテーマは「古寺の春雲」。むろん賛の内容もこれに基づいているが、そこにうたわれた「春雲」は単なる情景ではなく、温崗の今の境遇や徳の高さをそれに見立てていることがわかる。画の方もそのテーマを忠実にあらわしているので、本図が綿密な構想のもとに生まれたことが推察される。画風は深く温かみのある墨調を特色とするが、こうした特徴は東福寺の画僧・明兆(1352~1431)のそれと気脈を通わせるものがある。

古寺春雲図をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 禅僧 /

関連作品

チェックした関連作品の検索