文化遺産オンライン

独尊像塼仏

どくそんぞうせんぶつ

作品概要

独尊像塼仏

どくそんぞうせんぶつ

彫刻 / 飛鳥 / 奈良県

出土地:奈良県明日香村 紀寺跡出土

飛鳥時代・7世紀

焼成粘土

高20.3×幅8.2 下部15.5

1個

磚仏は日本では主に7世紀後半に造られた。出土地の紀寺は、天智9年(670)には存在したことが知られている。同時期の金銅仏や乾漆像は、中国の一時代旧い隋時代様式に倣うが、この像の豊かな肉取りや写実的な衣文表現は、同時代の唐時代様式である。

独尊像塼仏をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

飛鳥 / 奈良 / 磚仏 / Asuka

関連作品

チェックした関連作品の検索