文化遺産オンライン

慶長両本一分金

けいちょうりょうほんいちぶきん

作品概要

慶長両本一分金

けいちょうりょうほんいちぶきん

金工 / 江戸

江戸時代・延宝2年(1672)

1枚

ともに長方形の金の薄板で、表は上段に扇型の枠内の五三桐紋、下段に枠なし五三桐紋、中央に「一分」を、裏には「光次(花押)」を浮き出しで表す。裏に「本」字が片側ないし両側に押されるが、これは製造を行う金座【きんざ】で修復や仕立て直しを行ったことを示す。(E-20166,20128,20127共用)"

慶長両本一分金をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 光次 /

関連作品

チェックした関連作品の検索