注口土器 ちゅうこうどき

考古資料 / 縄文 / 岩手県 

出土地:伝岩手県三戸郡五戸町蛯川
前20世紀~前10世紀 縄文時代
土製
高29.6 口径11.0 最大幅25.4 底径5.0 
1点

縄文時代後期の東北地方を中心に分布する土器。胴部に貼り付けられた瘤状の突起や細かな磨消縄文(無文部と縄文部を沈線によって区画する文様)が特徴的である。注口土器は、その形態から水や酒等の液体を用いた儀礼に使用されたと考えられる土器であり、縄文時代の儀礼を知る上で貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

注口土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

注口土器
注口土器
皿形土器
深鉢形土器
深鉢形土器
ページトップへ