黄色ジャンバラ坐像 きいろじゃんばらざぞう

その他の画像全10枚中10枚表示

彫刻 /  / 中国 

制作地:中国
清時代・17~18世紀
銅造、鍍金
総高15
1躯

ジャンバラは、福徳を司る神。右手にシトロンと呼ばれる果実を持ち、左手に宝石を吐き出すマングースを抱えていますが、太鼓腹もあわせて財宝神の特色です。こうした姿はインドの精霊に由来し、クベーラとも呼ばれます。体の色で種類が分かれ、黄色が最も信仰を集めました。

作品所在地の地図

関連リンク

黄色ジャンバラ坐像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白色ターラー菩薩坐像
辟邪絵
クベーラあるいはパーンチカ頭部
無量寿仏坐像
ガネーシャ坐像
ページトップへ