土馬 どば

考古資料 / 奈良 / 奈良県 

出土地:伝奈良県
8世紀 奈良時代
土製
高7.0 縦12.3 横12.3
1点

「都城型」と分類される土馬で、三日月形の馬面が確認できる。馬面の両側面には、線刻で目が描かれている。体部には目立った装飾はなく、抽象化が進んだ形式的な造形と評価できる。土馬は律令祭祀で用いられる祭具の一つであり、井戸や流路などの水辺での出土数が多い。祭祀の際に土馬を意図的に破壊する事例が目立ち、本品で見られる右後脚の欠損も、奈良時代の祭祀行為により生じたと見られる。奈良時代の欠損部位は、発見後の修復で復元されている。

作品所在地の地図

関連リンク

土馬チェックした作品をもとに関連する作品を探す

寺家遺跡
銅鉾(長崎県豊玉町黒島出土)
人物線刻装飾付子持壺須恵器(伝愛媛県北条市出土)
素文鏡
屋代遺跡群水田遺構出土祭祀遺物群
ページトップへ