文化遺産オンライン

琉球通宝

りゅうきゅうつうほう

作品概要

琉球通宝

りゅうきゅうつうほう

金工 / 江戸

沖縄本島

江戸時代・19世紀

銅製 長径4.9cm 短径3.2cm 厚0.3cm

長径4.9 短径3.2 厚0.3

1個

文久2年(1862)に鹿児島藩が藩内通用銭として鋳造した銭貨。琉球救済を名目として、幕府から3年の期限つきで許可されたものである。翌年の文久3年(1863)には丸形の半朱(はんしゅ)という貨幣を鋳造した。

琉球通宝をもっと見る

沖縄本島をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 貨幣 / / 通宝

関連作品

チェックした関連作品の検索