琉球通宝 りゅうきゅうつうほう

その他の画像全2枚中2枚表示

金工 / 江戸 

沖縄本島
江戸時代・19世紀
銅製 長径4.9cm 短径3.2cm 厚0.3cm
長径4.9 短径3.2 厚0.3
1個

文久2年(1862)に鹿児島藩が藩内通用銭として鋳造した銭貨。琉球救済を名目として、幕府から3年の期限つきで許可されたものである。翌年の文久3年(1863)には丸形の半朱(はんしゅ)という貨幣を鋳造した。

作品所在地の地図

関連リンク

琉球通宝チェックした作品をもとに関連する作品を探す

加賀藩試鋳銭(五百文)
寛永通宝
琉球通宝
琉球通宝

沖縄本島

銭枡
秋田九匁二分銀判
ページトップへ