秋田九匁二分銀判 あきたきゅうもんめにぶぎんばん

その他の画像全2枚中2枚表示

金工 / 江戸 

江戸時代・文久3年(1863)
1個

角の取れた方形の薄板銀で、表中央には丸に「改」字と「九匁二分」の極印を打つ。裏の左下に「秋」字を打つ。表裏の外周にはそれぞれ、丸に「裕」字の極印を打つ。江戸時代末期に秋田藩で製造流通した「地方貨幣」の一つ。重さはほぼ表記の九匁二分に近い。(160802_h14日本の銭貨)

作品所在地の地図

関連リンク

秋田九匁二分銀判チェックした作品をもとに関連する作品を探す

秋田四匁六分銀判
古甲州金 無背極印一分金
古甲州金 無背極印一分金
後藤分銅
後藤分銅

後藤四郎兵衛家(1)

新甲州金 甲中安極印一分金
ページトップへ