文化遺産オンライン

観音正寺書院庭門

かんのんしょうじしょいんにわもん

作品概要

観音正寺書院庭門

かんのんしょうじしょいんにわもん

宗教建築 / 江戸 / 近畿

滋賀県

江戸/1844

木造、瓦葺、間口2.2m

1棟

滋賀県近江八幡市安土町石寺字繖山2

登録年月日:20211014

登録有形文化財(建造物)

書院北側の庭園を矩折に囲む土塀の西面に開く。一間一戸薬医門で、切妻造桟瓦葺、軒は一軒疎垂木とする。本柱、控柱とも角柱で、間口に両開きの板戸を吊る。五平の本柱を冠木上まで貫通させて栓でとめるのは珍しい。書院と一体で残る近世遺構として貴重。

観音正寺書院庭門をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

/ / 間口 /

関連作品

チェックした関連作品の検索