文化遺産オンライン

楷書七言聯

かいしょしちごんれん

作品概要

楷書七言聯

かいしょしちごんれん

/ / 近現代 / 中国

宣統帝筆

制作地:中国

清~中華民国時代・20世紀

黄蝋箋本墨書

(各)137.7×27.3

2幅

銘文:無款 ; 鈐印「宣」 ; 統 ; 鑑蔵印「定静」 ; 朗盦所藏 ; 林宗毅印

黄色の蝋箋【ろうせん】に「蘭室静言得知己」「竹林攬古懐流風」の二句を揮毫した対聯。14の文字は、いずれも蘭亭序【らんていじょ】中の語を用いています。蘭亭序を見るまでもなく、その文章は誰もが諳【そらんじ】んじられるほど、人口に膾炙【かいしゃ】していました。最後の皇帝、溥儀【ふぎ】の自筆です。  
(2006/07/04_t082, 2008/03/04_t082)"

楷書七言聯をもっと見る

宣統帝筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

鈐印 / / 静堂 / Qing

関連作品

チェックした関連作品の検索