文化遺産オンライン

金銅装眉庇付冑

こんどうそうまびさしつきかぶと

作品概要

金銅装眉庇付冑

こんどうそうまびさしつきかぶと

考古資料 / 古墳 / 福井県

出土地:福井県永平寺町 二本松山古墳出土

古墳時代・5世紀

鉄製

高19 幅22 奥行25 鉢径15~20

1個

野球帽のように半月形の庇+ひさし+がつく鉄製冑+かぶと+である。小札+こざね+という鉄板を鋲+びょう+でつなぎ留め、頂部の伏鉢+ふせばち+、管、受鉢+うけばち+には金メッキを施すなど、朝鮮半島から伝来した5世紀の最新技術を用いている。石棺からの出土で状態はよく、古墳時代冑の中でも華麗な一品である。(170102_h011)(180102_h011変更あり)

金銅装眉庇付冑をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 古墳 / Helmet / Kofun

関連作品

チェックした関連作品の検索