模造 金銅装眉庇付冑

その他の画像全10枚中10枚表示

考古資料 / 昭和以降 / 福井県 

津田粂二作
出土地:原品:福井県永平寺町 二本松山古墳出土
昭和7年(1932)頃、原品:古墳時代・5世紀
1個

古墳時代を代表する帯金式甲冑の新段階に出現した大陸の甲冑のデザインを取り入れた冑である。原品と比較して金属部分が忠実に製作され、布等の有機質部分は遺された痕跡から復原されている。昭和7年頃は、他にも積極的に復原を試みた模造品が多く製作された時期である。

作品所在地の地図

関連リンク

模造 金銅装眉庇付冑チェックした作品をもとに関連する作品を探す

復元模造 鉄鎚(木製)
復元模造 鉄鎚(木製)

秋山要次作

金銅製冠(模造)
金銅製冠(模造)

津田粂二模造

眉庇付胄
蒙古鉢形眉庇付胄(奈良県五条猫塚古墳出土)
模造 銀装帯金具
ページトップへ