文化遺産オンライン

浅間山図屏風

あさまやまずびょうぶ

概要

浅間山図屏風

あさまやまずびょうぶ

絵画 / 江戸

亜欧堂田善筆

江戸時代・19世紀

紙本油彩

149.0×342.4

6曲1隻

重要文化財

 江戸時代最大級の油絵。近年発見の下絵には、斧で木を割る人と炭焼き窯の番人がみられたが、本絵では転がる木材と炭焼きの煙だけが残り、実にシュールな景となった。徹底して風俗要素を排し、風景そのものを描こうとしたようだ。技巧派=田善の代表作。

浅間山図屏風をもっと見る

亜欧堂田善筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

屏風 / / /

関連作品

チェックした関連作品の検索