古経貼交屏風 こきょうはりまぜびょうぶ

その他の画像全3枚中3枚表示

 / 奈良  平安  鎌倉 

奈良~鎌倉時代・8~13世紀
紺紙金銀字、紺紙銀字、紙本墨書
各137.8×45.7
6曲1隻

 百万塔陀羅尼(ひゃくまんとうだらに)、紺紙銀字華厳経(二月堂焼経)、細字経、紺紙金銀字交書経、大般涅槃経(だいはつねはんぎょう)など、奈良から鎌倉時代の古経31枚を貼交ぜた屏風。ほとんどが断簡であるが、料紙(りょうし)の色合い、文字の大きさなどを考慮しながら、バランスのとれた配置がされている。(20060425_h031 or 2008122_h031) 

作品所在地の地図

関連リンク

古経貼交屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紺紙銀字華厳経 巻第九断簡(二月堂焼経)
華厳経(二月堂焼経)
華厳経 巻第四十六(二月堂焼経)
華厳経 巻第五十二残巻(二月堂焼経)
大般若経 巻第四百六十(中尊寺経)
ページトップへ