Part of Chinese Poetry Named the "Silk Fragment"

Details

Part of Chinese Poetry Named the "Silk Fragment"

calligraphy / Heian

By Ono no Tōfū (894-966)

Heian period, 10th century

Ink on silk

1幅

Important Cultural Property

中国唐時代の詩人・鄭拠の七言詩と、吉皎の伝歴(さいごの一行)を書写した断簡。補筆が多いが、行草の各書体と筆意とを自在に組合せ、遅速、太細の変化を織りこんで揮毫されており、小野道風筆と推定される。絹布に書かれているため「絹地切」と呼ばれる。ルビ:ていきょ、きっこう、きごう

Related Works

Search items related to work chosen