文化遺産オンライン

酢川にかかる常盤橋

すかわ ときわばし

概要

酢川にかかる常盤橋

すかわ ときわばし

絵画 / 明治

高橋由一筆

明治14~15年(1881~82)

カンバス・油彩

104×141

1面

 常盤橋は、山形市内に流れる須川に架かっていた石橋で、県令三島通庸(1835~88)が山形県内に架けた多くの橋のひとつ。三島家には、この常盤橋の写真が残されていたが、同一構図で撮影されたこの写真を参考にして、由一は本作を描いたと目されている。

酢川にかかる常盤橋をもっと見る

高橋由一筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

由一 / 高橋 / Meiji / 明治

関連作品

チェックした関連作品の検索