梅月図屏風 ばいげつずびょうぶ

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  近畿 

野際白雪 (1773-1849)
のぎわはくせつ
江戸時代後期/1827
紙本墨画
各隻縦165.5cm,横364.0cm
6曲1双

 野呂介石の弟子で、紀伊藩のお抱え絵師となった野際白雪(1773~1849)が描いた梅月図屏風である。左右に向かい合う、堂々とした梅の大木を描き、満月を外隈であらわす。「白雪」・「蔡徴印」「蔡伯亀」(右隻)と「丁亥夏日写 蔡徴」・「群玉斎」(左隻)の落款・印章がみられ、文政10年(1827)、白雪51歳の筆であることがわかる。この屏風は白雪の作品の中でも大作であり、代表作と目されるものである。

作品所在地の地図

関連リンク

梅月図屏風 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松林山水図 
松林山水図 

野際白雪

南紀男山焼 染付梅竹図寸胴水指
松竹梅鶴図屏風
草花図押絵貼屏風
草花図押絵貼屏風

宗雪印(喜多川相説?)

竹図屏風
ページトップへ