文化遺産オンライン

女物用高下駄

おんなものようたかげた

概要

女物用高下駄

おんなものようたかげた

民俗 / 昭和以降 / 富山県

販売:天狗屋(高岡市オタヤ通り)

富山県高岡市

購入:昭和40年頃/購入:1965年頃

木,ビニール・差歯,爪掛

幅22.5cm×奥行10.0cm×高11.5cm

2

富山県高岡市古城1-5

2-01-01-77

雨天時や雪道の歩行に履いた。爪先に覆いを付けた「爪掛」は、保温のためと爪先が濡れるのを防ぐためのもの。「高下駄(足駄)」は、差し替えできる底の歯が高く作られている。未使用品

女物用高下駄をもっと見る

販売:天狗屋(高岡市オタヤ通り)をもっと見る

高岡市立博物館をもっと見る

キーワード

高下駄 / 爪掛 / 高岡 /

関連作品

チェックした関連作品の検索