文化遺産オンライン

女物高足駄

おんなものたかあしだ

概要

女物高足駄

おんなものたかあしだ

民俗

明治~昭和戦前

木,皮・高足駄,爪掛・表打

右足:縦22.0㎝×横9.0㎝×高さ9.0㎝
左足:縦21.8㎝×横9.0㎝×高さ9.0㎝

1足(2点)

富山県高岡市古城1-5

資料番号 2-01-01-89

高岡市蔵(高岡市立博物館保管)

女物の高足駄であり、爪掛がついている。
高足駄とは歯の高い下駄のことであり、爪掛とは防寒のためと、爪先が濡れるのを防ぐためにある爪先部分の覆いのことである。
表打とは下駄の台の上に畳表を貼ったもののことで、普通のものより高級である。

女物高足駄をもっと見る

高岡市立博物館をもっと見る

キーワード

爪掛 / 下駄 / 畳表 /

関連作品

チェックした関連作品の検索