文化遺産オンライン

魚屋茶碗 銘 峯雪

ととやちゃわん みねのゆき

作品概要

魚屋茶碗 銘 峯雪

ととやちゃわん みねのゆき

陶磁 / 朝鮮半島

制作地:朝鮮

朝鮮時代・16~17世紀

高6.4 口径14.5 高台径5.6

1個

魚屋(ととや)は斗々屋とも書く。目跡が小さく、数が多いことが特徴である。この茶碗は本手(ほんで)魚屋に分類され、平(ひら)魚屋と比べて見込みが深く、腰に独特の段が付けられている。総体に薄く釉が施され、魚屋茶碗特有の、変化に富んだ釉景色をみせている。

魚屋茶碗 銘 峯雪をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

茶碗 / 高台 / 朝鮮 /

関連作品

チェックした関連作品の検索