文化遺産オンライン

熊川茶碗

こもがいちゃわん

作品概要

熊川茶碗

こもがいちゃわん

陶磁 / 朝鮮半島

制作地:朝鮮

朝鮮時代・16~17世紀

陶質

高9.2 口径14.3 高台径6.1

1口

熊川(こもがい)とは本来朝鮮半島南部の釜山に近い港町の名である。腰が丸く張り、口縁が端反りとなって、見込みに鏡とよばれる円形の窪みが付けられており、また高台が端正に削り出されていることが特徴である。総体に施された朽葉色の釉には、雨漏が生じている。

熊川茶碗をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

茶碗 / 高台 / 朝鮮 / Joseon

関連作品

チェックした関連作品の検索