管玉 くだたま

考古資料 / 古墳 

4~5世紀 古墳時代
碧玉製
長8.5 径1.4 幅1.5
1点

大型の管玉で硬質で全体がていねいに研磨されている。孔の周囲には穿孔開始に伴う軸ブレが認められる。両面穿孔で、管玉中央で穿孔が結合している。弥生時代に定型化した管玉は古墳時代になると大型化して、多彩な種類の器物に用いられる。本品も首飾りとしては大き過ぎ、孔に芯を通して指揮棒または杖のように用いられたと推定される。このような器物は玉杖と呼ばれ、古墳時代の倭王権の権威を象徴するものとされる。

作品所在地の地図

関連リンク

管玉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

玉杖形石製品
鏡形石製品
短冊形斧形石製品
車輪石
硬玉製玉斧
ページトップへ