半鐘 はんしょう

権利者:高岡市立博物館蔵

その他の画像全2枚中2枚表示

民俗 

南理化研究所 特志消防組
大正5年11月/1916年
青銅・鋳銅
径33.5cm×高57.5cm
1
富山県高岡市古城1-5
2-05-12
高岡市蔵

青銅製の小型の釣鐘。お寺の梵鐘(鐘))に比べて小さいので「半鐘」とよばれた。迪宮裕仁親王(昭和天皇。1901-1989)が、大正5年11月3日の「立太子の礼」で、皇太子となられた記念に造られた。高岡消防団定塚分団(第3分団)旧蔵。有志の消防組員19名の名前が刻まれている。
半鐘は、火の見櫓や梯子の上に設置され、火事や天災などの非常時に打ち鳴らし、住民に危険を知らせたり、消防団を招集する合図として使われた

作品所在地の地図

関連リンク

半鐘チェックした作品をもとに関連する作品を探す

消防団帽子
高岡消防組拡声器
写真(高岡市定塚町四丁目防護団事務所)
高岡産業博覧会記念小壺
高岡平和の鐘 梵鐘拓本
ページトップへ