太刀 銘備中国住人左兵衛尉直次作/建武二年十一月 タチ メイビッチュウノクニジュウニンサヒョウエノジョウナオツグサク/ケンムニネンジュウイチガツ

その他の画像全10枚中10枚表示

金工 

全長:91.4cm 刃長:70.7cm
1口
重要文化財

この太刀の作者である左兵衛尉直次は鎌倉時代末の青江鍛冶を代表する名工で、茎の裏側には製作年である建武二年の年紀が刻まれる。鎌倉幕府が滅び、後醍醐天皇みずからによる建武の新政が行われた時代で、この太刀も身幅が広く、重がやや薄い点に鎌倉時代から南北朝時代に移行する時代的な特徴を見て取ることができる。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀 銘備中国住人左兵衛尉直次作/建武二年十一月チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀 近景
太刀 近景

(銘)備前國 長船住 近景

太刀 銘備前国住雲次
太刀 朱銘 國行
太刀〈銘備前国長船住左兵衛尉景光、作者進士三郎景政、嘉暦二二年已巳七月日/〉
太刀 銘「国泰作」
ページトップへ