短刀 銘相州住秋広/永和二 附 金梨地桐紋蒔絵鞘短刀拵 タントウ メイソウシュウジュウアキヒロ エイワニ ツケタリキンナシジキリモンマキエタントウコシラエ

その他の画像全6枚中6枚表示

金工 

1口
重要文化財

 国光に始まり正宗、貞宗と続いた相州鍛冶の正統の一人が秋広である。秋広は広光と並んで南北朝期の相州鍛冶を代表する刀工であり、この世代の作品から相州様式の代名詞である皆焼が隆盛する。本品は有銘の短刀では秋広唯一の重要文化財で、やや肌立った杢目(もくめ)混じりの板目肌に地錵(じにえ)がついて地景(ちけい)が入り、刃中には明瞭な金筋や稲妻が認められる。差表(さしおもて)に利剣と蓮台を、差裏(さしうら)にカーンの梵字と二筋樋を掻く点も相州様式の伝統に則っている。一方で、それまでの相州鍛冶と違い、秋広には年紀のある作品が多く、現存する年紀作の上限は延文二年(1357年)から下限は明徳三年(1392年)であり、35年の長きにわたって彼が活動していたことが知られる。秋広の紀年銘の特徴として、通常は本品の「永和二」銘のように「元号+年数」であらわすが、延文や貞治など彼の初期作には「年月日」を加える作例がある。

作品所在地の地図

関連リンク

短刀 銘相州住秋広/永和二 附 金梨地桐紋蒔絵鞘短刀拵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

短刀
短刀

相州国広

短刀〈銘正宗(名物不動正宗)/〉
短刀 銘左/筑州住
短刀
短刀

伝相州行光

刀

相州貞宗(名物 亀甲貞宗)

ページトップへ