太刀 たち

その他の画像全2枚中2枚表示

その他 / 南北朝 

長船長義
南北朝時代・14世紀
1口
銘文:銘 備前国長船住長義

長義は兼光(かねみつ)と並び称される南北朝期の刀工で、兼光一門とは異なる系統の長船(おさふね)鍛冶です。この太刀は、大鋒(おおきっさき)で身幅も広く、肌立った板目(いため)の地鉄(じがね)に、小のたれと互(ぐ)の目(め)を基調とした沸(にえ)出来の華やかな刃文(はもん)で、相州(そうしゅう)鍛冶の影響がうかがえる作風を示しています。(050913_h133)

作品所在地の地図

関連リンク

太刀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

短刀
短刀

長船長義

太刀
太刀

備前元重

太刀 銘 備前国長船兼光/建武三年丙子十二月日(通称今村兼光)
太刀〈銘備州長船住兼光/暦応二年正月日〉
太刀 銘 備前国長船兼光/文和二二年乙未十二月日(通称一国兼光)
ページトップへ