太刀 たち

その他の画像全4枚中4枚表示

その他 / 南北朝 

備前元重
南北朝時代・観応4年(1355)
1口
銘文:銘 備前長船住元重/観応二二年十二月日 ; 銘 備前長船住元重 ; 観応二二年十二月_日

元重は鎌倉末期から南北朝期の長船鍛冶で、兼光や長義とも別系統の刀工と考えられている。板目(いため)が流れて柾(まさ)がかった地鉄(じがね)に、互(ぐ)の目(め)に丁子(ちょうじ)の交じった刃文(はもん)で、茎(なかご)の棟寄りに小さく銘と年紀をきっている。生(う)ぶ茎で当初の姿を伝える貴重な太刀である。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀
太刀

長船長義

太刀〈銘備州長船住景光/元亨二年□月日〉
短刀
短刀

長船長義

太刀〈銘備州長船住兼光/暦応二年正月日〉
太刀 銘 備前国友成
太刀 銘 備前国友成

古備前友成

ページトップへ