文化遺産オンライン

祥瑞文蒔絵櫛・笄・位置止

しょんずいもんまきえくし・こうがい・いちどめ

概要

祥瑞文蒔絵櫛・笄・位置止

しょんずいもんまきえくし・こうがい・いちどめ

その他 / 江戸

江戸後期/19世紀

木(柞)

櫛4.4×9.6・笄長15.5・位置止長7.6 (cm)

千代田区隼町4-1 国立劇場

独立行政法人日本芸術文化振興会

柞(いす)製、利休形の挿櫛・笄・位置止の揃い。利休形は、『玳瑁亀圖説』によると江戸で寛延・宝暦頃(1748~1764)に大ぶりなものが流行して文化初年までは大きかったが、文政8年(1825)以降に櫛が小型化する中で小ぶりな利休形が流行したとされる。笄・位置止の形状は、京・大坂で文政年間に流行したものだが、笄は流行にあわせて後に中央部分が切り詰められている。櫛は櫛歯を残して黒蝋色塗とし、笄と位置止は中央を潤塗、両端を黒蝋色塗とし、黒蝋色塗の部分に祥瑞模様を平蒔絵で表す。祥瑞模様の丸文には金金貝(きんかながい)や青貝を貼り、その上に付描で吉祥文を表す。 花柳章太郎(1894~1965)の旧蔵品で平成15年(2012)に遺族の青山久仁子氏より国立劇場へ寄贈された。

祥瑞文蒔絵櫛・笄・位置止をもっと見る

国立劇場をもっと見る

キーワード

利休 / / 流行 / 劇場

関連作品

チェックした関連作品の検索