荷郷清夏図 カキョウセイカズ

その他の画像全3枚中3枚表示

絵画 / 中国 

制作地:中国
1幅
重要美術品

藍瑛(1585~1664)字は田叔(でんしゅく)といい、?叟(ちょうそう)、東郭老農などと号した。浙江銭塘(杭州)の人。明末清初に活躍して浙江一帯の画風を代表し、浙派(せっぱ)は戴進(たいしん)に始まり、藍瑛に終わるとされる。山水は宋元の諸家を手本に、気宇の大きい作風を完成した。本図では北宋末の趙大年(ちょうたいねん)の筆法にならい、岸辺に花咲く水郷風景を爽やかに描き出す。

作品所在地の地図

関連リンク

荷郷清夏図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

倣張僧よう白雲綺樹図
絹本墨画蓮池白鷺図
剣閣飛瓊図軸
剣閣飛瓊図軸

劉度筆

春水吹簫図扇面
離合山水図軸
離合山水図軸

杜貫道賛

ページトップへ