文化遺産オンライン

麻布山水図

まふさんすいず

作品概要

麻布山水図

まふさんすいず

絵画

奈良時代 8世紀

麻布墨画

縦58.2 横69.2

1面

ゆったりと広がる水面に島々を表すこの風景画は、麻布に水墨で描かれたものである。柔らかな波の動きを示す紋様が奈良時代の工芸品に共通することなどから、制作時期は8世紀と考えられている。明治初年に東大寺東南院から正倉院に納められた麻布山水図との類似性が指摘されており、古代絵画の貴重な作例の一つとして注目される。画面には樹木や草むらに加え、波間に浮かぶ水鳥、船、網を用いて漁をする人物、牛に乗る牧童などさまざまな点景が見られる。

麻布山水図をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 画面 / 水墨 / 奈良

関連作品

チェックした関連作品の検索