鋳銅七福神文火鉢 ちゅうどうしちふくじんもんひばち

権利者:高岡市立博物館蔵

民俗 / 富山県 

鋳造:福岡市郎,彫金:吹田正光
富山県高岡市
昭和40~50年頃/1965~75年頃
銅・鋳銅,彫金
径56.7cm×高36.5cm
1
富山県高岡市古城1-5
2-11-01-22
高岡市蔵

金屋町の鋳物職人・福岡市郎(1907~85)が鋳造し、横田町の彫金師・吹田正光(1910~)が彫金した火鉢。七福神と宝船の文様が彫金されている。
火鉢(瓶掛)は灰を入れて炭火をおこし、手足を温めたり、湯を沸かしたりする暖房具。ストーブが登場して以降、徐々に衰退していった

作品所在地の地図

関連リンク

鋳銅七福神文火鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鉄瓶
鉄瓶

金森佐兵衛

梅文銀象嵌鋳銅花瓶
京名所文鋳銅火鉢 焼型鋳造用模型原型
京名所文鋳銅火鉢 焼型鋳造用模型原型

作:津幡双寿,図案:中野双山

鋳ぐるみ鋳銅渦文皿
高岡鋳物の製作用具及び製品
ページトップへ