鉄瓶 てつびん

権利者:高岡市立博物館蔵

金工 / 富山県 

金森佐兵衛
かなもりさへえ
富山県高岡市
江戸末~明治期
径10.0cm×高19.5cm
1
富山県高岡市古城1-5
3-03-01-20
高岡市蔵

湯を沸かしたり注いだりする道具。金屋町の鋳物職人・金森佐兵衛の作。
高岡銅器(鋳物)の歴史は、高岡開町(1609年)間もなく、前田利長が、現高岡市戸出西部金屋から7人の鋳物師(鋳造技術者)を呼び寄せたことに始まると伝わる。金森家もその流れをくむ家系で、特に4代佐兵衛(1847~98)は、「金寿堂」を屋号として用いた鉄瓶の名手だった

作品所在地の地図

関連リンク

鉄瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

年未詳五月三十日付前田利長書状(駒井中務少輔他一名宛)
越中国鉄物細工之図
越中国鉄物細工之図

三代歌川広重

鋳銅七福神文火鉢
鋳銅七福神文火鉢

鋳造:福岡市郎,彫金:吹田正光

絵葉書「国宝 高岡山瑞龍寺法堂」
絵葉書「高岡桜馬場」
ページトップへ