色絵栄花物語冊子形硯箱 イロエエイガモノガタリサッシガタスズリバコ

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 

高:9.6cm
1口

『栄花物語』の和装本を積み上げた状態をかたどった硯箱である。冊子を七冊重ねた状態で、一冊づつの厚さも異なるなど、細部へのこだわりもみえる。『栄華物語』とは、平安時代後期の歴史書で、藤原道長(九六六~一〇二八)、頼通(九九二~一〇七一)の栄華を中心に、平安貴族の生活を物語風に描いたものである。白釉の地に「栄花物語 御賀」と銹絵で記し、紗綾文地を紺の絵具、菊花を赤、緑の絵具と金彩で描いている。一般に古清水と総称される色絵陶器である。ただし、極端に色挿しをして盛り上げてはいない。また、蓋上の菊文の部分には透かし彫りがみられる。印や銘などはみられない。

作品所在地の地図

関連リンク

色絵栄花物語冊子形硯箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

栄花物語
安元御賀日記
大鏡〈巻第二、五、七/〉
栄花物語
今昔物語集
ページトップへ