唐花唐草七宝塗菓子器 カラハナカラクサシッポウヌリカシキ

その他の画像全7枚中7枚表示

漆工 

径:13.8cm 高:7.5cm
1合

器の外面の七宝繋文や唐花は、下地に銅線を文様の形に埋め込みその合間に彩漆を入れて全体を研ぎ出す技法によってを表されている。美濃屋の稲垣氏によればこれを漆の「七宝技法」という。近代の新しい技法である。器の内部には金蒔絵で様々な印章が散らされている。

作品所在地の地図

関連リンク

唐花唐草七宝塗菓子器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松竹梅七宝塗梅花形香合
塩山蒔絵硯箱
蓮唐草蒔絵経箱
雲龍文存星輪花食龍
平文輪彩箱
平文輪彩箱

大場松魚

ページトップへ